MSCについて

MSCとは間葉系幹細胞(Mesenchymal Stem Cell)の略称です。
MSCは成体幹細胞の一つで、人の骨髄、脂肪、臍帯、滑膜(関節の周囲にある組織)などに含まれています。
また、骨、軟骨、腱、脂肪、神経などへ分化する能力を持っています。
この能力のため、MSCの移植によって治療できる病気の数や患者さんの数は
とても多いのではないかと期待されています。
MSCは成人の体の中に存在する幹細胞であるため、胚を使用する胚性幹細胞(以下、ES細胞)に比べ
生命倫理上のハードルが低いというメリットがあります。
また、ES細胞やiPS細胞に比べて癌化リスクが低いため、安全性が高いというメリットもあります。
しかし、MSCは骨髄の細胞の中に1万~10万個に1個というわずかな割合しか存在せず、
さらに加齢と共に減少していきます。
そのため、移植に必要な量のMSCを取り出すためには、大量の骨髄液の採取が必要でした。
また、MSCの増殖能や多分化能は、培養中に低下しやすく、従来のヒトやウシ由来の血清を用いた培養法では
治療に必要な細胞数の確保が困難でした。
そこで、当社は、MSCの分化能を維持したまま増殖性を飛躍的に上げる培養方法
(間葉系幹細胞用無血清培地STK® シリーズの使用)を開発しました。
このように、当社では「MSCを用いた再生医療」の実現および普及を目指して、
様々な研究開発を続けています。

無血清培地STK® シリーズで培養した滑膜由来MSC