Interview
研究本部 gMSCセンター(製造)
小西 宏武入社年 2018年
HIROMU KONISHI
小西 宏武
入社のきっかけを教えてください。
再生医療分野に可能性を感じたからです。前職や大学院ではがん治療薬の研究に携わっており、再生医療についてもiPS細胞についてくらいしか把握していませんでした。
しかしながら、再生医療の特徴である治療法のない疾患へのアプローチや、ツーセルの開発品や戦略に、他社にはない独自の強みがある点に魅力を感じ、また「再生医療を通じて世界の医療や人々の健康に貢献する、21世紀のグローバル企業」を目指すという会社の理念に惹かれ、入社を決意しました。
どんな仕事をしていますか?
現在は製造部門に所属しており、治験製品の製造を主軸に仕事を行っています。また、製品を製造するだけでなく、製品製造プロセスの見直しや、より良い手法となるような改善活動を実施しています。  
仕事をするうえで
大切にしていることは何ですか?
製造の仕事はチームでなければ達成できないため、チームワークがとても重要になります。
一人一人が責任を持って担当業務をこなし、それが積み重なりあって初めて1つの製品が作り出されるため、お互いが緊張感を持ちつつ、しっかり連携を取りチーム一丸となって仕事ができるよう取り組んでいます。
職場はどんな雰囲気ですか?
先ほど、チームの大切さについて述べましたが、実は入社当初、別の部署に所属していました。異動当初は新たな部署で馴染んでいけるか不安でしたが、部門長の掲げるスローガンである「仕事は厳しく楽しく!」が部門全体に浸透しており、部員全員が患者さんを救いたいという想いのもと本業界に臨むにあたって誇りを持ちつつ、ユーモアを持って楽しい職場となっていたため、すぐに馴染むことができました。また部員同士が切磋琢磨しているため、とてもメリハリのある職場環境となっています。 
ツーセルの魅力は何ですか?
少数精鋭で業務を実施しているため、多岐に渡った仕事に携わることができます。人材交流も盛んで、私のように開発部門から製造部門に異動する場合もあれば、管理部門から開発部門に異動する方などもいます。私自身、開発部門で研究を進めてきたパイプラインを、実際に患者さんへ製品を提供する形に持っていく製造部門に異動したことで、医薬品を作っていくプロセスに関連する多くの業務に携われています。
やりがいを感じたり、
楽しいと思う瞬間はどんな時ですか?
ツーセルでは大学と共同研究を実施しており、医療現場で働いている先生方と共に今まで治療できなかったり、治療しても今まで通りの生活ができなかった方へ、再生医療を通じて新たな治療法を提供するための研究活動を行っております。そのような活動を通して、自身の仕事が患者さんの健康やQOLの向上に貢献できていると実感できるため、そこにやりがいや達成感を感じます。 
目標はありますか?
医薬品は一つの製品を作るために多くの時間や費用を要します。しかしながら現在実施している治験製品だけでなく、その次、またその次と新たな治療法を提供していけるよう取り組んでいきたいと考えています。そのチャンスがツーセルにはあると私は考えています。再生医療という新たな分野のため、自分たちで開拓していかなければならない部分も多いですが、そういった新たな分野に挑戦する意志をお持ちの方とぜひ一緒に働きたいと思っています。
1日のスケジュール
1DAY SCHEDULE
9:00
出社、
メールチェック
10:00
資料作成
11:00
会議
12:00
昼食
13:00
試験業務
17:30
終礼
18:00
退社

※ 本記事の所属、役職、内容は取材当時(2021年3月)のものです。

先輩インタビュー一覧へ  ⇒