Interview
研究本部 gMSCセンター センター長
(品質保証)
岩本 佳央梨入社年 2013年
KAORI IWAMOTO
入社のきっかけを教えてください。
学生時代の講義で再生医療を学び、これまで救えなかった命を救える可能性があることを知りました。その可能性に惹かれ、「再生医療を新たな治療法として患者さんに届けたい!再生医療で医療の未来を切り拓いてみたい!」という想いから、再生医療の産業化に携わりたいと思っていました。
実際に当時の再生医療業界を覗いてみると、新たな治療として「製品化」を進めている企業はそう多くなく、職種も特化されたものが多かったのですが、ツーセルであれば、人数が少ない分、多くの経験が積めると感じました。
ベンチャー企業であるため、将来性や安定性に不安要素があることは否定できないのですが、ここで平等に与えられるあらゆるチャンスを生かし、再生医療の産業化について学び、私自身をスキルアップさせたいという想いの方が強く、入社を決めました。
他にもツーセルに入社を決めた要因はいくつかあるのですが、実際に社員の方とお話しし、直感的に「この人と一緒に働きたい」と心が動いたことも大きなきっかけでした。新しい試みに立ち向かう会社ですから、活気や使命感から会社としての一体感はもちろん、「人」を大事にする社風から、この環境で働き、ここで人として成長していきたいと思いました。
どんな仕事をしていますか?
製品の開発や製造を行うにあたり、再生医療等製品に関連するGCTP等の省令管理業務を行っています。具体的には、省令等に準じて、日々行われる製造・品質管理の状況や結果を確認することで、製品の品質を保証する活動をしています。また、設備や製造方法等の新規導入・変更時や異常時には、製品の品質を担保するため、製造や品質管理のメンバーと協働しながら、活動を進めています。
再生「医療」に携わることは、患者さんの命・幸せ・ご家族の幸せに関わることであり、裏を返すと、患者さんの不幸・ご家族の不幸に関わることでもあると思います。
「試薬の発注」「作業の記録」「試験による品質評価」「結果の確認」といった仕事の一つ一つが、患者さんの命の材料をつくる仕事です。同じ使命の下、「one team」となりメンバーと連携して、日々患者さんへの貢献を目指しています。
仕事をするうえで
大切にしていることは何ですか?
私がいる意義を発揮することを心がけています。一緒に仕事をするチームメンバーやビジネスパートナー、そして患者さんにとって「良いことが増えたか」「悪いことが減ったか」ということを意識して仕事をしています。
製品の品質は、多くの機能のエキスパートと協力することで、達成することができます。私一人では到底難しく、日々、社内外の多くの方々と協力しながら仕事を進めています。一緒に仕事をする相手のことを想像して、私が成すべきことや自身の役割を考え、少しでも相手の方が私と仕事してよかったと思ってもらえるよう、「期待以上」を追求していきたいです。まだまだ勉強中ではあるのですが、最終的にはプロとして「もう一度、あの人と仕事したい」と思ってもらえることが目標です。
職場はどんな雰囲気ですか?

「経営陣との距離が近く、驚いた」という言葉は、新入社員の方からよくお聞きします。私自身も入社時は、経営陣の距離感の近さに驚きました。さらに会社全体としても、社員同士が互いに名前・顔を知っているため、部署の垣根を超えて気軽にコミュニケーションが取れる環境です。経営陣と社員の方の声が互いに聞こえる環境が、あらゆる方針決定のスピード感に。部署の垣根を超えたコミュニケーションがイノベーションに。ベンチャーとして、今後産業に参入するための環境がここにはあると思います。

ツーセルの魅力は何ですか?
会社が「広島にある」ことに意味があるように感じています。中四国にある医薬品や再生医療等のバイオに関する企業は、そう多くはありません。今、一緒に働く社員の方々とのご縁があったのは、会社が「広島にある」という点が大きいように思います。先日、管理部門の方が「患者さんの助けになる活動をサポートできるなんて!」とお話ししてくれました。同じ想いを持った同志がいると感じ、心強かったですし、すごく嬉しかったです。新しい試みに立ち向かうベンチャーでは、日々たくさんの変化があります。同じ目標を持ち、どんなことも笑い合うことができ、励まし合うことができる仲間がいることが、変化を楽しめる要因の一つになっています。私がここで働くのは、魅力あるツーセル社員の方々が理由です。
やりがいを感じたり、
楽しいと思う瞬間はどんな時ですか?
私やメンバーの成長と会社の成長をリンクして感じることができた時に、「よかった!また頑張ろう!!」とやりがいを感じます。
私は仕事を通して自分づくりをさせてもらっているように感じています。「再生医療」という新しい産業は、パートナー企業やアカデミア、県や国といった多くの方々と協力して、前進させることができます。様々な視点の方がいらっしゃるので、日々学ぶことばかりです。社内外問わず、その分野のスペシャリストの方と仕事をすることで、視野が拡がったり、専門性が深まるチャンスが多くあります。時に、自身の不甲斐なさに落ち込んでしまうこともあるのですが、少し過去を振り返ると、様々な方のサポートを受けて、成長したことに気が付けます。社内外問わず、たくさんのロールモデルの方々との出会いから、今の私があり、多くのチャンスとたくさんロールモデルに出会えたこの環境に感謝しています。
また、ベンチャーであるツーセルでは、一人一人の成長が、組織の充実や会社の成果につながっていることを体感できると思います。私自身と会社の成長をリンクして感じられることは、ツーセルにいる特権ではないでしょうか。
誰も知らない産業へのチャレンジは難しいけれど、その分達成感は非常に大きく、計り知れません。見たことのない景色を追求し続ける仲間とともに、再生医療の未来を切り拓いていける、この仕事が私にとっての天職だと思っています。
目標はありますか?
「再生医療を新たな治療法として患者さんに届けたい!再生医療で医療の未来を切り拓いてみたい!」という想いは学生の頃から変わっていません。現在携わるパイプラインが上市し、患者さんやそのご家族の幸せにつながることが、今の一番の目標です。
そして、その先に、広島を拠点にした再生医療の展開を目標としています。
「広島を拠点に」には二つの目標があり、一つ目は「広島県の患者さんへ」という目標です。
現在、私は社会人学生として就学しています。きっかけは自身の患者さんへの知識や理解が不足していることでした。ある日、就学先の医師の先生が「広島の患者さんは再生医療が受けられない」とつぶやかれていました。何気ない会話ではあったのですが、私としては目から鱗でした。広島には、患者さんが臨床研究や診療として選択できる場所がなかなか無いと気が付き、ものすごく燃えました。
昨年より、広島に在住される患者さんとの相談会に参加させていただいています。患者さんが医療づくりに参画される「患者力を高める」という視点を、ある患者さんに教えていただきました。患者さんの「願い」を理解し、患者さんと協働して広島の医療に少しでも貢献することが、この先の目標です。
二つ目は、広島から世界中の患者さんへ再生医療を提供するという目標です。
そのためには、「選ばれる製品」「選ばれる製造所」であり続けなければいけません。そのカギは「社員=人財」であると確信しています。社員にはツーセルで働き続けることを選んでもらえる環境を。就職活動をされている方にはツーセルで働くことを選んでもらえる環境を。社員一人一人の将来と会社の未来を重ねて描いてもらえるような職場づくりを推進していきたいと考えています。
たくさんの患者さんへ再生医療を提供するには、多くの人財の力が必要です。ともに働く仲間と、「選ばれる製品」「選ばれる製造所」を実現し、再生医療を普及させる一企業として、世界中の患者さんが新たな治療法を選択できる未来を目指していきます。
1日のスケジュール
1DAY SCHEDULE
9:00
出社、スケジュール確認
メール返信
10:00
品質保証グループミーティング
11:00
製造記録・試験結果の照査と
担当者との相談
12:00
昼食
13:00
グループ合同ミーティング
14:00
GCTP教育・技術教育
15:00
GCTP文章の照査と
担当者との相談
16:00
開発に関する資料の確認と
担当者との相談
17:30
提案資料の作成、部門管理業務
20:00
退社

※ 本記事の所属、役職、内容は取材当時(2021年3月)のものです。

先輩インタビュー一覧へ  ⇒