Interview
研究本部 gMSCセンター(品質管理)
前場 伊織入社年 2018年
IORI MAEBA
入社のきっかけを教えてください。
家族の病気がきっかけで再生医療に興味を持ちました。現状の医療では根治できない病気があり、世の中には再生医療を必要としている患者さんがいることを知りました。再生医療等製品の製造、出荷を行うことで病気を治す手助けが行えるのではないかと考え、再生医療の仕事に就きました。当初、再生医療に詳しくなかった私は、再生医療といえばiPS細胞だ!という考えでiPS細胞を扱っている研究所で働き始めました。
研究に携わる中で、再生医療の可能性やiPS細胞以外の細胞を用いた再生医療について知るようになり、間葉系幹細胞(MSC)に出会いました。ツーセルの採用試験を受けたとき、ツーセルではすでに他家由来間葉系幹細胞を用いた再生医療の研究開発を行っており、治験が開始されていました。私は初めて再生医療の仕事に就いた時から、患者さんへ製品を届けたい、製造にかかわる仕事をしたいと思っており、ツーセルでは私のしたい事ができると感じ入社を決めました。また、面接の際、面接担当者の方々や役員の方々はとても話しやすく、良い意味でフレンドリーな雰囲気でした。
どんな仕事をしていますか?
・品質の管理に関わる業務
治験製品出荷時の規格試験や環境モニタリングを実施し、出荷の可否に関わる業務を行っています。製品の品質に関わる試験や製品開発に関わる試験も行います。

・試験計画書や報告書、手順書や作業記録書等の文書作成
各種試験実施の際に必要となる文書を作成しています。

・社内教育(GCTP省令や各指針・ガイドライン等について)
定期的な教育訓練を実施しながら、部員全体の知識向上、業務の改善を行っています。
仕事をするうえで
大切にしていることは何ですか?
全ての仕事は将来の患者さんのためにしていることです。我々が行っている業務の積み重ねが患者さんの安全を守ることに繋がっています。患者さんの命に関わっている仕事であるという意識を持って仕事をしています。
職場はどんな雰囲気ですか?

個性豊かな社員が集まっている会社です。個性が豊かであるが故、苦手な部分をフォローし合うことですべてをカバーしていける職場です。一人で試験をすることは少なく、時には二人以上のチームで協力して試験を行っています。また小さな会社であるため、他部署、管理職、役員との距離が近く、相談などもしやすい雰囲気です。

ツーセルの魅力は何ですか?

社員数が少ないため、ある程度業務をこなせるようになるとすぐに試験計画から実施、報告書に至る業務を任されることもあります。(もちろん先輩方のフォローはあります。) gMSCセンターにおいては、手順の定まったルーチンのような試験から、自ら手順や内容を考え実施する研究開発寄りの試験まで幅広く行うことができます。現状、治験段階ではあるものの、実際に患者さんに製品を届け、治療に使用されている製品を出荷することができることも魅力です。

やりがいを感じたり、
楽しいと思う瞬間はどんな時ですか?
一番やりがいを感じる時は、製品を出荷するときです。私の入社のきっかけでもあるので、自分たちの作ったものを患者さんの手に(膝に)届ける業務を行うことが最高にやりがいを感じる時です。また、製品の出荷はgMSCセンター全員で行います。私たち品質管理部門は、製造部門が製造した製品の出荷試験を行い品質の確認を行います。その後、品質保証部門が照査し、承認された後患者さんに製品が届きます。全員で患者さんに製品を届けるという熱いパッションを持ち、そのミッションを遂行するためにアクションを起こします。製品が出荷されていく瞬間は、とても楽しく、達成感があります。日々の試験においては、一日で試験が終わるということはなく何日もかけて試験を実施します。計画―試験実施―報告完了の一連の仕事が終わった時は達成感があります。もともと実験が好きでしたので、細胞を培養している時や作業を行っている時はとても楽しいです。
目標はありますか?
現在、医療機関等で保険診療に用いられる医療用医薬品として薬価基準に収載されている品目は約1万4千程度あります。(出典:厚生労働省ホームページ( https://www.mhlw.go.jp/topics/2020/04/tp20200401-01.html ))しかし、再生医療等製品に限るとその数は10品目です。(2021年3月時点)さらに再生医療の歴史はまだまだ浅く、発展途上な医療です。技術進歩の一端を担うことができる仕事を我々は行っています。
全ての医療は患者さんのためになければなりません。今は根治する方法がなくとも、再生医療によって根治への道が開く可能性があります。そのような患者さんのためになる製品の開発、商品化、さらに再生医療の技術進歩につながる仕事を行いたいです。
また、現在治験中のgMSC®1を上市し、より多くの患者さんの治療の選択肢の一つとして製品を提供していけるように頑張っていきます。
1日のスケジュール
1DAY SCHEDULE
9:00
出社、メールチェック
9:20
チームミーティング、会議等
10:00
試験業務
12:00
昼食
13:00
試験結果まとめ、書類整理
18:00
退社

※ 本記事の所属、役職、内容は取材当時(2021年3月)のものです。

先輩インタビュー一覧へ  ⇒