gMSCセンターは、製品を上市するまでの、非臨床試験から承認申請までの幅広い領域をカバーし、製品開発、製造プロセス開発、品質設計、治験製品製造を担っています。
再生医療等製品に求められるのは、品質、安全性及び有効性の確保です。多くの部門が関わりながら、国内外の関連する法規制やガイドラインを遵守することで、これらを全うすることができます。また、一般的に医薬品は上市までに10年以上を要し、研究開発部門はその内の長期間に渡って製品開発に携わることになります。
同じ使命感のもと各機能のエキスパートと協力しながら、患者さんへ「いち早く」「安心した」「助けになる」製品をお届けするため、経験を糧に常にアップデートした視点を持ち、高い専門性を発揮することで、患者さんへの貢献を目指しています。
患者さんの願いへ想いを馳せ続け、「製品の付加価値を創造していく」ことに挑み続けています。

先輩インタビュー