株式会社ツーセル

  • トップページ
  • 会社情報
  • 事業紹介
  • 製品開発
  • 倫理委員会
  • ここ見て!ツーセルかわら版

    発見伝~みんなのアンテナ~

    突撃!ツーセル調査隊

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
TOP >  Bio Japan 2015に出展しました。

ホットニュース

Bio Japan 2015に出展しました。

2015.11.10

-展示会出展のご報告-

Bio Japan 2015に出展しました。

10月14日(水)~10月16日(金)にパシフィコ横浜で開催されたBio Japan 2015に出展しました。

展示会への来場者数は3日間合計で1万4千名超になり、当社のブースにもたくさんの方にお立ち寄り頂きました。当社から参加した、アテンド担当者からは今年は例年以上に活気があった、という声が多く聞かれました。

■展示ブース

当社は国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)ブース内に出展しました。当社が、NEDOの支援を受けて事業化を進めている軟骨再生医療製品”gMSC®“と無血清培地を用いたMSCの培養技術、プラズマ処理培養器(広島県立総合技術研究所と共同開発)など、当社の研究開発や事業について紹介しました。

前回のBio Japan(Bio Japan 2014)では、通りすがりの方がブースに寄ってくださるパターンが多かったのに対して、今回はわざわざ当社のブースを訪ねて来られ、研究内容等について具体的な質問をされた方が多かったという、うれしい変化がありました。

■展示内容

サンプルを展示したMSC用無血清培地STKシリーズとプラズマ処理培養器は軟骨再生医療製品 gMSCとあわせて、たくさんの方に様々なご質問をいただきました。また、プラズマ処理培養器とMSC用無血清培地STK2の試験的使用への協力を呼びかけたところ、複数の方に興味を持っていただくことができました。

■プレゼンテーション

NEDO出展者プレゼンテーションでは、経営企画室の黒田が「他家再生医療産業を狙い開発したMSC培養技術による細胞製品の安全性向上」と題して軟骨再生医療製品 gMSC、 MSC用無血清培地STKシリーズ、プラズマ処理培養器について紹介し、あわせて次世代パイプラインの研究開発における事業提携を呼びかけました。プラズマ処理により培養器の表面が無血清培養に最適化されたことで細胞回収数・生存率が向上した成果を、データを用いてPRしました。当社の発表では、プレゼンテーション会場に約60名の方々がお集まりくださり、立ち見でご聴講いただく方もいらっしゃるほど盛況で、NEDOの担当者の方から「こんなにたくさんの方々が集まるのは珍しい」と言っていただくほどでした。

©TWOCELLS Company Limited All Rights Reserved.