株式会社ツーセル

  • トップページ
  • 会社情報
  • 事業紹介
  • 製品開発
  • 倫理委員会
  • ここ見て!ツーセルかわら版

    発見伝~みんなのアンテナ~

    突撃!ツーセル調査隊

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH

突撃!ツーセルかわら版

TOP >  「突撃!ツーセル調査隊」第19回

「突撃!ツーセル調査隊」第19回

2018.09.21

「突撃!ツーセル調査隊」へようこそ

 

このコーナーでは、社外の方にもツーセル社内の雰囲気を感じ取ってもらいツーセルの事をもっと知ってもらうために、社員にアンケートを行い、その結果を紹介いたします。

 

第19回は、消費をテーマとし、以下の5つの質問をしました。

「Q1 次のうち何にお金をかけたいと思いますか?(お金をかけていますか?)」

「Q2 Q1について、その理由をお聞かせください」

「Q3 次のうち何にかける費用を節約したいですか?」

「Q4 Q3について、その理由をお聞かせください」

「Q5 最近買ったおすすめしたいもの、高価なもの等はありますか?」

Q1とQ3は選択肢から該当する項目を選択してもらい、Q2とQ4、Q5は自由回答を募集し、43名から回答を得ました。

 

Q1 次のうち何にお金をかけたいと思いますか?(お金をかけていますか?)

図1
趣味、食、家族のための資金、住居に多くの票が集まる結果となりました。

 

 

Q2 Q1について、その理由をお聞かせください

多くの票が集まったものについて、理由の一部を紹介します。

【趣味】    
 「趣味に使う道具は金額を気にしない」
 「モチベーションが上がる事にお金を使いたい」
 「好きなものに囲まれていると幸せを感じる」

【食】
 「心身の健康に大切」
 「子供のことを考えると産地などにこだわりたい」
 「おいしいものをたくさん食べたい」

【家族のための資金】
 「人生設計を持っている」
 「子供の教育費のため」
 「家族との時間を大切にしたい」

【住居】
 「部屋を整えることで毎日が快適になる」
 「生活に直結しているのでお金をかけたい」
 「もっと広いところに住むのが目標」
 「心身を休める場所にお金をかけたい」

 

この他にも「健康にはお金にかえられない価値がある」「趣味は勉強や健康に繋がり、健康は食へも繋がる」等の意見もありました。

 

 

Q3 次のうち何にかける費用を節約したいですか?

図2

 住居、食、服飾、車、医療に多くの票が集まる結果となりました。

 

 

Q4 Q3について、その理由をお聞かせください

多くの票が集まったものについて、理由の一部を紹介します。

【住居】
 「固定費は抑えたい」
 「今の賃貸住居で十分」

【食】
 「こだわりがない」
 「節約しやすい」

【服飾】
 「服装がほとんど決まっている」
 「必要ないと感じる」

【車】
 「お金をかけても能力に変化がない」
 「維持費を考えるともったいない」

【医療】
 「健康を意識して生活することで医療費の節約を心掛けている」

 

この他にも、何も節約をしたくないと考える人もいました。

 

 

Q5 最近買ったおすすめしたいもの、高価なもの等はありますか?

家具や家電、食材等、様々なものが挙げられていました。一部を紹介します。

【ベッド】
 「専門店で選んでもらったので快適な寝心地」

【掃除機】
 「サイクロン式でゴミが溜まる部分を丸洗いできる機種。清潔かつ非常に軽く、快適」

【旬のとれたて食材】
 「栄養価が高く、臭みがなく甘くて美味」

【ワンタッチテント】
 「自動的に組みあがる上、折り畳みも簡単。軽量なので持ち運びも楽」

 

この他にも 「ロボット掃除機」「乾燥機能付きドラム式洗濯機」「車」「腕時計」「文字起こしソフト」「船舶免許」「義歯」「冷感ベッドクロス」等、様々な回答がありました。

 

【まとめ】

お金をかけたいもの、節約したいものの結果を見ると、当社の社員は趣味にお金をかけ、家族思いという傾向があるように見えます。プライベートの時間を大切にし、充実させようとしていることなどが理由なのではないかと思います。また、最近買ったおすすめ、高価なものでは多種多様なものが挙げられていましたが、特に家事にかける時間を短縮するような家電類が目立ち、噂の時短家電三種の神器(ロボット掃除機、全自動洗濯乾燥機、食器洗い機等)の普及を感じました。

 今回の結果を改めて見返すと、回答理由がその人の信念や哲学を感じさせるようなものが多く、当社の社員はある程度しっかりとした考えを持ってお金の使い方を決定しているのだなと思いました。私はこれらの回答を見て、自分が普段お金をかけないところに意識を向けることで、他の人の考え方や価値観の理解、新たな発見に繋がるのではないかと感じました。

記事作成:T

©TWOCELLS Company Limited All Rights Reserved.